梅雨も明けないうちから去年同様猛暑の様相、
しかも節電要請の雰囲気でへたばっている方も多いと思われます。
みなさま暑さ対策は万全ですか。
万全だとしたら対策を俺に教えてください。
へたばり具合には負けない自信があります。

暑さのため食欲も出てこないこの季節、
料理だってする気が起きませんよね。
そんなあなたに、水ごはんをお勧めいたします。

材料(一人分)
ご飯(一膳)
氷水(適量)
ごはんのお供(お好みで)

作り方
1)ご飯を水洗いし、なるべく涼しげな器に盛る
2) 氷水をかける
3)あまりにも寂しかったらお好きなご飯のお供とともに食べる

単なる貧乏飯かと思いきや、「水飯」が夏の季語にもなっている ほど
伝統的な料理でありまして、
山形県などでは今でも食される家庭料理だそうです。

当然ですがおいしい水であるほどおいしくなります。
最初は薄味でご飯と水の相性を楽しみ、
それが本当に寂しくなったら味を追加するのがポイントです。

ちなみにこの水ごはん、何故か分かりませんが
普段のご飯のようなおかずのお供には なりにくいです。
どうしてでしょうね、あまりに水の味がするからですかね。

この猛暑で料理する気がとても出せないお母様、
またご老人の方々も安心して食べられますので、
気になった方はぜひどうぞ。

但し、もしあなたに
料理を作る相手がいたとして、
「今日の料理は水ごはんだよ」といった後の
相手の反応も含めてお楽しみすることになるのをご了承下さい。

 

突然更新したかと思ったら水ごはんの紹介をするこのブログ。
俺の作ったものを紹介するデザインブログなんぞと
思われていた方も多いのではないでしょうか。
何があるか分からないからこそ豊かな人生ですよね。